ユニバーサル株価をデータ分析して仕手株か調べる

株式投資を行う場合には、一定以上の知識を所有している必要があります。証券会社に口座を作るための知識や取引をする際のチャートの分析方法など専門用語も知っておく必要があります。一定上の知識と経験をもつことによって、安定した収益を出すことができます。最初のうちは、リスクを回避するための知識を身につけておくといいでしょう。

リスクを回避するための知識の一つとして仕手株があります。仕手株の特徴や判定方法をみにつけることで、仕手株の銘柄を回避することができるでしょう。仕組みとしては、ひとつの銘柄の株を大量に買い占めることから始まります。大量買い占めをすると気には、周りの投資家に気づかれないようにするのがポイントです。ある程度の株数が集まったところで、注目があつまるような買いを入れます。ほかの投資家たちも買い始めれば、一定のところまでは株価があがります。そのあとに大量買い占めをしていた株を売り出します。大量の株が売りに出されれば、暴落を始めます。

ユニバーサル株価を分析することで、仕手株なのかを見極める目を養うといいです。実際に買いを入れなくてもチャートの分析をすれば、仕手株か判断できます。ユニバーサル株価の過去のデータを見ます。短期間のうちに急騰と暴落をしている場合には、仕手株の確率が高いです。

また、ユニバーサル株価がほかの銘柄にくらべて極端に安かったり、企業が認知度が低い場合にも注意が必要です。長年業績が悪かったり、認知度が低かったりする場合には、仕手株のターゲットとしての条件を満たしている確率が高いからです。人気が高い銘柄の場合には、仕手株としては不適切なので扱いやすいと言っていいでしょう。

ページトップへ